F2f70da9b1603c2f7344cbbfa6043cd89b85d95b?1486098091

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
資本金:1億50百万円
設立:2012年10月1日
従業員数:1,343名(2016/4/1時点)
事業内容:婚活・結婚・出産育児情報、自動車関連情報、まなびコンテンツ、高校生の進学情報サービスなどを展開

広告・出版・マスコミ・エンタメ

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ

まなび事業本部 オンラインラーニング推進室 事業開発部 自治体支援グループ グループマネージャー 兼 リクルート次世代教育研究院 主席研究員

小野村 學

営業No.1から事業の舵取りに携わり、スタディサプリで格差に挑む

学生時代、何か勝ち負けのつく事で自信をつけたいと考えた小野村氏は、ESSに入り英語弁論大会で日本1位を獲得。子どもの貧困などの社会問題に関心が高く、就職するにあたって 1)サービスへの共感、2)社会問題への取り組み、3)20代で責任をもって仕事できることの3つの軸で会社を探し、リクルートに入社した。入社後に配属された結婚情報誌「ゼクシィ」の営業では、クライアントの業績UPの提案を続け、周囲を巻き込んでクライアントのための勉強会を開催するなどお客様に価値を返し続けることで売上を伸ばし、3年目で通期MVPを受賞。その後メディアプロデュース部から事業推進部へ移り、会社の事業の舵取りをサポートする仕事にチャレンジようになる。当初は社内外の様々な立場から事業を考えることに戸惑うが、案件の最終責任者として全ての問題に取り組む圧倒的な当事者意識が芽生え、周囲からも認められるように。そんな中、所得格差や地域格差を越えて学習機会を提供するオンライン学習サービス「スタディサプリ」の理念に共感し、異動を願い出る。現在は、リクルート次世代教育研究院の研究員としてビッグデータを用いたアダプティブラーニング等のICT教育に関する分析・研究 や、子どもの教育環境格差についての分析・研究をするなど、入社当時の希望を叶え活躍している。

会員限定ムービー

ショート版ムービー

Maxresdefault

ロング版ムービー

Maxresdefault

企業情報

「子どもの貧困など社会課題を解決できる企業に入社したい」という想いを持ち、リクルートに入社した小野村さん。入社後に配属された結婚情報誌「ゼクシィ」の営業では3年以内に目標としていた通期MVPを受賞し、「スタディサプリ」を通じて所得格差や地域格差による学習環境格差の解消に取り組む現在までの軌跡とは。

おすすめ企業