E61ac093291edef1a16dc89ed3cdfec22fa81535?1485871675

調査・分析系の業務に就きたいと考えた大橋氏は、人の感情が動く嗜好品を扱う業務に惹かれて、日本たばこ産業へ入社した。喫煙習慣が無い事や初対面でのコミュニケーションなど苦手な面を分析して乗り越え、批判にも誠実に対応する事で、たばこの営業・販売促進を成功に導いてきた同氏が、その軌跡を語る。

メーカー

日本たばこ産業株式会社

M&S管理部

大橋 沙彩

人の心を動かす嗜好品の魅力に惹かれて。苦手意識も批判も真っ直ぐに捉え、丁寧に応じる。

大学時代はミクロ経済学を専攻し、研究活動に勤しんだ大橋氏。調査・分析を行う職業を探す中で、高揚した気分を落ち着けるなど、物を通して人の感情が動く煙草の性質に興味をひかれ、日本たばこ産業への就職を決意した。喫煙しない大橋氏が最初に配属されたのは、茨城県でのたばこの営業職。当初は初対面のコミュニケーションに苦手意識を感じていたが、お客様のニーズを喫煙者の先入観なく掘り起こすなど、価値を発揮できる営業スタイルを模索していった。次に配属された大阪では、営業目標を達成するためのプランを立案し、実行をリードする営業企画部に所属。初めて一人で担当した販促イベントで社内説明会を開くと、何年も営業職を務める諸先輩から大きな批判を浴びるなど、苦しいスタートを迎える。その批判にまっすぐ向き合い、営業一人ひとりと丁寧に会話を重ねてイベントを成功に導くことで、同拠点になくてはならない存在と言われるまでになった。仕事を続ける中で嗜好品を扱う魅力に気づいたと話す大橋氏は、同社のリーダーとして嗜好品全般を扱う事を目指し、現在も活躍を続けている。

会員限定ムービー

ショート版ムービー

Maxresdefault

ロング版ムービー

Maxresdefault

企業情報

日本たばこ産業株式会社
資本金:1,000億円
設立:1985年4月1日
従業員数:連結44,485人 単体7,549人
事業内容:
■たばこ事業
最大の財産であるブランドと、世界トップレベルの技術やノウハウを生かし、120以上の国と地域で商品を販売しています。
■医療事業
さまざまな病気から世界の人々を救うために、国際的に通用する特色ある新薬の創出を目指し研究開発に取り組んでいます。
■加工食品事業、
「一番大切な人に食べてもらいたい」という想いのもと、お客様に安心してお召し上がりいただける商品づくりを進めています。

おすすめ企業